2010年05月29日

お得な夏ツアーが続々!【近畿日本ツーリスト】

■国内ツアー 夏休み特集 2010

※夏の国内ツアーは、夏休み特集からの予約が多く入っています!

首都圏発
http://shop.knt.co.jp/tabitoru/mt_sys/contents2.asp?f=summer/index_d.html&A_TEIKEI_CODE=1017&X_MEMBER_ID=

中部発
http://shop.knt.co.jp/tabitoru/mt_sys/contents2.asp?f=ngo/summer/index_d.html&A_TEIKEI_CODE=1017&X_MEMBER_ID=

関西発
http://shop.knt.co.jp/tabitoru/mt_sys/contents2.asp?f=summer/index3_d.html&A_TEIKEI_CODE=1017&X_MEMBER_ID=

北海道発
http://meito.knt.co.jp/af/asp_bin/af.aspx?t=/4/cb/20307/index.html&A_TEIKEI_CODE=1017&X_MEMBER_ID=

東北発
http://meito.knt.co.jp/af/asp_bin/af.aspx?t=/5/cb/20307/index.html&A_TEIKEI_CODE=1017&X_MEMBER_ID=

九州発
http://meito.knt.co.jp/af/asp_bin/af.aspx?t=/9/cb/20307/index.html&A_TEIKEI_CODE=1017&X_MEMBER_ID=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
KNTからのイチオシ!

■立山黒部アルペンルート
新緑映える今の季節、立山黒部アルペンルートがおすすめ!
バス、JRが選べるプランもあります。

中部発
http://meito.knt.co.jp/af/asp_bin/af.aspx?t=/2/cb/20807016/index.html&A_TEIKEI_CODE=1017

関西発
http://meito.knt.co.jp/af/asp_bin/af.aspx?t=/3/cb/20807016/index.html&A_TEIKEI_CODE=1017


■あの人気の韓国ドラマロケ地へ!
首都圏発
1泊2日で行く 今話題の!韓流ドラマロケ地と
山形さくらんぼ狩り 2日間
http://meito.knt.co.jp/af/asp_bin/af.aspx?t=/1/tr/R411800-201006/index.html&A_TEIKEI_CODE=1017


■なんとガソリン満タン返し不要!
首都圏発
ファミリゾート北海道 ガソリン満タン返し不要!
http://meito.knt.co.jp/af/asp_bin/af.aspx?t=/1/pt/M8050-201009/index.html&A_TEIKEI_CODE=1017






posted by ★く〜★ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

アンチエイジングとは

私たちは酸素を体に取り込んで、酸素を利用してエネルギーとしています。このことで有害な生成物となる活性酸素などの「フリーラジカル」が体内に生じます。このフリーラジカルによって、細胞が酸化(サビる)することがあります。フリーラジカルの過剰発生の原因といわれているのが、たばこ、食品添加物、紫外線、精神的ストレスなどです。

アンチエイジング医学(抗加齢医学)の分野では、ヒトは体の弱いところから老化していくと考えられています。そして老化の進行は筋肉、血管、神経、ホルモン、骨の5つの項目で判断しています。本来、これらの5項目がバランスよく老化することが理想です。例えば、骨年齢だけが実年齢よりも衰えている人の場合、一回の骨折で寝たきりとなり、他の4項目も一気に衰えて病気になることがあります。つまり自分の衰え、体の弱点を知り、足りない部分を補うのが理想的なアンチエイジングの実践方法なのです。自分の弱点を正しく把握する方法として、老化度判定ドックがあります。

では、アンチエイジングに効果的な栄養素とは

◎抗酸化物質
細胞を傷つける活性酸素に対して、私たちの体にはそれを撃退する抗酸化物質を生成するメカニズムが備わっています。しかし、ストレス・タバコ・暴飲暴食などが原因で活性酸素が増加すると体内で処理できなくなります。そこで、抗酸化物質を多く含んでいる食物を取る必要があります。

代表的な抗酸化物質はビタミンA・C・E、補酵素Q−10(コエンザイムQ−10)、ケルセチンなどがあるが、トマトのリコピン、緑茶のカテキン、ブドウのポリフェノール、ブルーベリーのアントシアニン、βカロチン、ゴマリグナン、赤ワインなどに含まれるポリフェノールなどです。

◎補酵素Q−10
体内のフリーラジカルと闘うために使用される脂溶性抗酸化物質。内臓肉(心臓、レバー、腎臓)、牛肉、イワシ、サバ、ナッツ類、加工されていたに植物由など。CoQ10は、私たちの細胞全てに存在します。

人の体内で生合成され、また魚介類など多くの食品からも少量は摂取できます。そして、私たちが健康的に生きていく上で、必要不可欠な物質であり、エネルギー産生や抗酸化に寄与する物質として注目を集めています。CoQ10は加齢などにより減少し、不足しやすいという特徴があります。

◎イソフラボン
女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た作用をする。エストロゲンは、女性器官の成熟や生理をもたらし、女性特有のしなやかなラインや美しい肌を保つ働きがある。イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種です。今のところ、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

大豆イソフラボンは、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の女性疾患に対する有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が290万ドルの予算を計上して抗がん効果の研究に乗り出しています。また1996年にベルギーで開かれた『第2回大豆の成人病予防と治療に関する国際シンポジウム』では、イソフラボンがメインテーマと思えるほどイソフラボン関連の研究発表が相次ぎました。

このように欧米では、日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとして研究しています。

イソフラボンは大豆のほかに葛の根やクローバーなどにも含まれています。

◎インドール3カルビノール
インドール3カルビノールは、今注目のブロッコリー、芽キャベツなどに多く含まれている有効成分です。閉経後の乳がんの発生リスクを低下させる。カリフラワー、ブロッコリー、発芽ブロッコリー、キャベツなどのアブラナ科の野菜。

このインドール3カルビノールは、98年度の「国立ガン研究学会誌」でも発表された、免疫強化に最適の栄養素です。

キャベツに含まれるインドールというファイトケミカルには、乳ガンや前立腺ガンに関連するホルモンの働きを阻止する作用があり、これまでの実験レベルの研究では、インドール3カルビノールに、乳ガンの成長を阻止する作用があることがわかっています
また、コレストロール値を下げる作用もありますので、高血圧等の予防にも効果的です。

◎フコイダン
食物繊維として働くので、腸内細菌を整え、便通を改善させる。フコイダンはモズクや昆布、ワカメなどの海藻類に含まれるヌルヌル成分で、多糖類のひとつです。海藻の中でも沖縄モズクには他の海藻類よりも純度の高いフコイダンが多く含まれています。海水中の栄養成分であるビタミン・ミネラルを十分吸収して成長した海藻類のフコイダンは健康維持には欠かせない大切なものです。

◎EPA、DHA
一生を通じて、正常な成長と発達に必要なもの。オリーブ油、大豆、青身の魚、キャノーラなど。EPAとDHAはオメガ3脂肪酸です。

EPAはお肌の油分補給効果がありますので乾燥肌や敏感肌の改善やお肌のアンチエイジングでも人気の高いサプリメントです。
EPAは角質層を厚くして皮膚を丈夫にしたり、皮膚炎を予防する効果が期待できますのでアトピー性皮膚炎などでも使われます。

DHAは脳トレや能力開発の効果が期待できます。DHAとEPAは厚生労働省も摂取を奨めている必須脂肪酸で、血液サラサラ効果や内臓脂肪の減量効果など広い範囲で健康と美容に良い影響を与えます。

◎アミノ酸
体内で筋肉や臓器のもとになるたんぱく質を構成している。肉、魚、卵、大豆、チーズ、牛乳など。アミノ酸は、肌や筋肉・内臓を作っている、とても大事な栄養素。アミノ酸は、ビタミンよりも重要な栄養素ですし、野菜だけでは十分な量は摂取できません。

◎ヒアルロン酸・コラーゲン
ヒアルロン酸は、人間の体の様々なところに存在しており、特に、関節においては潤滑の働きをしている(動きをよくしている)関節液や関節軟骨に多く存在し、様々な働きをしています。また、ヒアルロン酸は1gあたり6Lの水を保持することができ、水分の保湿に関しても重要な働きをしています。ヒアルロン酸は溶かすと無色透明で、ぬるぬるした粘性のある液体であることが特徴です。体の中のヒアルロン酸は、加齢により、減少していきます。

コラーゲンは動物のからだの中の結合細胞に多く含まれる繊維状のたんぱく質のひとつです。コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、その他血管や内臓など全身に広く分布しています。

共に真皮の細胞と細胞の間に多く存在し、水分保持のクッション作用によって、外界から皮膚を保護する。これらは食品から摂取することは難しく、化粧品やサプリメントからの摂取が望ましいといわれています。



posted by ★く〜★ at 19:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。