2010年06月21日

洗顔術をマスターして、夏美肌を手に入れる

「洗顔」は、その後のスキンケアの浸透を左右する、美肌づくりの基本となる大切なステップ。

と同時に敏感なお肌のほうにとっては、肌に負担をかけやすいというハイリスクな側面もあります。

今一度正しいクレンジング − 洗顔をマスターして、今年の夏も「夏美肌」を目指しましょうexclamation×2

■クレンジングをマスターする。
ほぼ一日中素肌にのせているメークは油分でできています。
そしてこの油分は石けんでは落としきれません。
一日の終わりにはきちんとメークを落として、素の肌にリセットしましょう。

□ クレンジングの前に手を洗っていますか?
→意外と知られていないのが、クレンジング前に手を洗うというポイント。でもクレンジングを手の汚れや雑菌が付着したまま行うのはとても不衛生。
クレンジングの前には必ず手を洗いましょう。


□ 使用量は適量ですか?
→クレンジング時の摩擦は、敏感肌にとっては特に大敵です。また、量が少ないとメーク汚れをきちんと巻き込めず充分に落ちきらない事も。
さくらんぼ一個大が適量です。


□ 手の温度で温めてから顔全体に馴染ませる
→クレンジングは温かいほど、メーク馴染みが良くなります。まず両手の平で包み込み、皮膚の温度で温めてから顔全体に馴染ませましょう。


□ すすぎはぬるま湯で。決してすすぎすぎないで。
→熱いお湯はお肌の必要なうるおいを奪ってしまい、乾燥の原因に。また、クレンジング特有の「ぬるつき」が気になるあまり、すすぎ過ぎてしまう方も・・・
多少「ぬるつき」が残っていても、その後洗顔をするので大丈夫。


■洗顔をマスターする。
手とお肌の間に泡のクッションを作って、汚れを吸着させましょう。
決してこすらず、クルクルと泡の表面をなでるイメージ。 肌に直接指が触れないように気をつけてね。

□ 洗顔の前に手を洗っていますか?
→クレンジングと重複しますが、豊かな泡を立てるための大切なポイントです。クレンジングの油分が手に残ったままだと、泡立ちも悪く結果沢山の量を使ってしまう原因に。クレンジングのすすぎが終わったら、一度石けんで手を洗う一手間を・・・


□ 使用量は適量ですか?
→これもクレンジングと同じ項目となりますが、意外と多いのが洗顔料の使いすぎ。過剰な洗浄成分はお肌のうるおいまで奪ってしまいます。特に敏感肌、乾燥肌の方は、「適量をしっかりと泡立てる」原則を意識しましょう。


□ たっぷりの泡を立てていますか?
→「たっぷりの泡」とはどのくらいの泡でしょう。
適量は片手にこんもり一杯。お顔全体に行き渡るように洗っていきましょう。 


□ すすぎはぬるま湯で。洗い残しの無いように。
→こちらもクレンジング同様、熱いお湯はNG。36度くらいが適温です。フェイスラインやおでこの生え際、顎の下・・・洗い残しの無いように丁寧にすすぎましょう。





posted by ★く〜★ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

サメ 切り身

仕事帰りにスーパーに立ち寄り、店内を回っていると「コラーゲンたっぷり」というポップ広告に目が目

サメって食べれるのグッド(上向き矢印)と思いつつ、安かったので買ってみることに。
食べる前にちょっと「サメ」に関して検索。

サメは食材としても用いられ、身肉は擂り潰してかまぼこやはんぺんなどの魚肉練り製品に加工されることが多いようです。サメの肉は低カロリー、低脂質、高タンパク質、骨は全て軟骨質なので子供から老人までが食べられる食材であり、これまで食用の習慣のなかった地域でも見直される動きもあるそうです。

低脂肪でとてもヘルシーな魚。ヒレには多くのコラーゲンが含まれます。これが加熱することによってコラーゲンがゼラチンに変わるらしい。
最後の文章がきになる。

一般的に、煮付け、から揚げ、バター焼きがあるようで、特にバター焼きがお勧めということだったので、バター焼きにしてみました。

魚特有の臭いはない。
味は、脂っこい。
う〜ん、2回目はないかもふらふら

調理前と調理後のカメラアップします。


posted by ★く〜★ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

シワの原因と肌・皮膚のお手入れについて

ちょっと、手の甲を見てください。
皮膚の表面をよく見ると、たくさんの窪んだ細い線が網目状に走って
いるのが見えますね。これを“皮溝”といいます。

この皮溝が深くなったものを“シワ”って呼んでいます。

皮膚は筋肉の運動とともに伸縮します。シワはこの筋肉の運動によって
一時的にできる、皮膚の溝です。

女性にとって深刻な問題になるのは、顔に出来てしまった“シワ”です。
どうして加齢とともにシワが増えてしまうのでしょう。

人間は加齢とともに、つまり長く生きているとどうしても肌・皮膚に
シワが刻まれてくるものです。

多くの女性はできるだけシワを減らしたいという願いをいだきます。
乾燥した肌・皮膚には、シワができやすいといわれています。

肌・皮膚が乾燥すると肌・皮膚の水分が少なくなってとくに目や口の
まわりの小ジワができやすくなります。

最近では一般家庭でも冷暖房機を年間通して使用する機会が増えてきて
いることで屋内の空気が乾燥しがちであるために、肌・皮膚も乾きがちです。

このため乾燥対策をすることが肌・皮膚のシワ予防には重要といえるでしょう。
体の外側からは保湿成分を含むスキンケア商品を活用してお肌の水分を補う
ことができれば、シワを減少させることが可能です。

しかし、それだけでは不十分ですので、体の内側から肌・皮膚の健康のために
働くEGF様物質(表皮再生因子)やシアル酸、コラーゲンなどを体内に補給する
ことも大切です。

まだ浅いシワだからと軽視して放置しておくと、浅いシワが少しずつ
深いシワになり、気づいた時には皮膚のあちこちがシワだらけになってしまいます。

鼻から口のはじにかけて現れるほうれい線や額に明瞭に現れるシワは、
深くなりがちです。使っている枕が高すぎた場合や、曲がった姿勢でいる人は、
首筋にシワができるようになりがちです。

毎日のシワ予防のためのお手入れやマッサージで肌・皮膚をなめらかにする
ことで、シワがついた状態で固定化されている肌・皮膚のシワを軽減できるように努力していきましょう!
posted by ★く〜★ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。